抹茶碗 淡青釉裏銀彩 [ 中田一於 ]

価格: ¥308,000 (税込)
[ポイント還元 30,800ポイント~]
メーカー: 九谷 中田一於
型番: KZ-22
数量:

返品についての詳細はこちら

twitter

釉薬の下にデザインした銀箔を貼り合せ、とても涼しげで現代的なスタイルを確立した人気作家 [ 中田一於 ] によって仕上げられた「抹茶碗」です。

一於先生の特徴的な色合いである 淡青(たんせい)の抹茶碗はお茶の席でも気品ある雰囲気を演出してくれるでしょう。

正に中田一於先生の真骨頂の作品です。

手造りの焼き物のため、多少の寸法・絵柄・色彩・重量の違い、及び一時的な品切れはご容赦下さい。

  • 送料・代引手数料無料
  • 10%ポイント還元

会員登録で1,000ポイントプレゼント

正面アップです。

中面です、中央部のみ青色が深くなっております。

商品紹介動画

桐箱から開封し、同梱物の紹介や商品をお見せしながら特徴を解説する動画を作成しましたので、ぜひご覧ください。

九谷極彩YouTubeチャンネルでは、店長の中田利之が九谷焼作家さんのインタビュー、こだわりの逸品紹介などの動画をお届けしております。チャンネル登録、いいね評価など、よろしくお願いします!

商品説明

釉薬の下にデザインした銀箔を貼り合せ、とても涼しげで現代的なスタイルを確立した人気作家 [ 中田一於 ] によって仕上げられた「抹茶碗」です。 一於先生の特徴的な色合いである 淡青(たんせい)の抹茶碗はお茶の席でも気品ある雰囲気を演出してくれるでしょう。 正に中田一於先生の真骨頂の作品です。

商品仕様

製品名: 抹茶碗 淡青釉裏銀彩 [桐箱入]
型番: KZ-22
メーカー: 九谷 中田一於
製造年: 2010年
外寸法: 幅120mm × 奥行120mm × 高さ80mm
区分: 新品

日本工芸会理事  中田一於 陶歴

昭和24年 石川県小松市に生まれる
昭和49年 一水会入選
昭和53年 日本現代工芸展入選
昭和57年 日本伝統工芸展入選
昭和59年 淡青釉裏銀彩鉢、外務省買上
平成元年 銀座和光ホールに於いて個展
平成02年 日本伝統工芸展文部大臣賞受賞
平成05年 釉裏銀彩壷、サックラー美術館の永久保存作品に選ばれる
平成14年 石川県指定無形文化財、九谷焼技術保存会保持者に認定
平成15年 日本伝統工芸展50年記念 「わざの美」 に選抜出品
平成20年 日本工芸会理事就任 日本伝統工芸展鑑査委員
平成22年 日本伝統工芸展鑑査委員 日本工芸会保持者賞受賞
平成23年 紫綬褒章受章
平成24年 小松市文化賞受賞
平成28年 日本伝統工芸展得待者出品作品 宮内庁お買い上げ

 師 故三代 徳田八十吉 

九谷焼作品紹介動画

中田一於先生の花瓶(7号) 淡桜釉裏銀彩を動画でご紹介しております、ぜひご覧ください。

九谷極彩YouTubeチャンネルでは、店長の中田利之が九谷焼作家さんのインタビュー、こだわりの逸品紹介などの動画をお届けしております。チャンネル登録、いいね評価など、よろしくお願いします!

九谷焼ご使用上のご注意

花瓶、飾皿、置物その他装飾品

・美観を尊重して、発色性のよい装飾用の絵具を使用しております。食器としてのご使用はお控え下さい。
・収納時、特に金 銀を使った装飾品は柔らかな布で軽く乾拭きし、汚れを取り丁寧に保管して下さい。

食器類

・金 銀を使った製品を電子レンジ、オーブンに使用しないで下さい。表面の汚れや損傷の原因となるほか、スパークを起こします。
・薄手の茶碗、湯呑は表面が熱しやすいので充分に注意してご使用下さい。
・接着物(陶磁器と金属、ガラス)等を接着加工した製品は直火にかけたり、電子レンジ、オーブン、食器乾燥機に使用しないで下さい。
・陶器(土焼)はご使用前に熱湯に浸してあらかじめ素地に水分を含ませてからご使用頂くと茶渋、シミ等がつきにくくなります。
・ご使用後は出来るだけ早目にお洗い下さい。クレンザーやナイロンたわし、食器洗浄器は使用しないで下さい。

擦傷注意

九谷焼製品の高台(ハマ)部分には釉薬が施してございません。この為 床の間、花台、棚、テーブル、漆仕上げなど塗装面の比較的柔らかく、傷つき易い物の上でお使いになる時は必ず毛氈、敷物をご使用下さい。

こちらも是非ご覧ください。

ページトップへ